【低木】育成メモ。セアノサス カルフォルニアライラックが届きました♪

ご覧いただきありがとうございます♪
今日も沢山のお花と共に 癒しのひと時をお過ごしくださいませ♪

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ

↑クリック↑
励みになります(*^^*)

❀育て方❀

セアノサス カルフォルニアライラックが届いた!

3日にお届けものが…!👀

先日楽天で購入した、『セアノサス カルフォルニアライラック』です(((o(*゚▽゚*)o)))

花や木の名前って面白いのが多いですよね~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

このセアノサス カルフォルニアライラックも、名前からしてかっこよすぎやしませんか!??✨

花の印象と名前がマッチしているからまた素敵です♪

という訳で、鮮やかなブルーの花が咲く様子と、

その見た目にふさわしい名前に一目ぼれで楽天で先日ポチッていたのでした(*^^*)

鉢植えでどの辺に置く、というのはある程度決めていましたが、

これから育てて行くにあたり、育て方を軽くメモしておこうと思います。

これまではよく適当に植えてダメにしてしまった花達も結構ありましたので…💦

セアノサス カルフォルニアライラックの育て方

基本情報
  • 常緑性~半落葉性、低木
  • 種類:カルフォルニアライラック、パシフィックブルー、エルドラド、パールローズ、スノウフリューリーなど
  • 色:青、白、ピンク
  • 開花期:4月~6月
  • 背丈:30~150㎝
管理
  • 水やりは表面が乾いたらたっぷりとあげる。水切れにはならないように注意する。
  • 夏場は日中は蒸して株を痛めるのでやらない。朝と夜にやる。
  • ※地植えの場合は極端に乾燥した日がつづかなければ水やりは基本必要ない。
  • 植え付けや植え替えの時に、緩効性肥料か有機質の固形肥料をあげる(元肥)。
  • 毎年花後は化成肥料を置き肥にする。
植え付け
  • 植え付け:3~4月、花後の6月、9~10月がよい。冬は移植を避ける。
    植え替え時には支柱などで苗を固定したっぷり水をあげる。
  • 日当たりのいい場所に植える。
  • 夏場は午前中だけ日の当たる場所など、半日陰の場所に移すとよい。
    地植えの場合は遮光ネットなどで夏の日差しから守る。
  • 耐寒性はある程度強い(-10度程度)。
  • 土は配合培養土かもしくは、赤玉土6(川砂かパーライト入り):腐葉土4の割合で混ぜたものを使う。

植える鉢を用意していたのですが、植え付けは3~4月、花が咲いた後の6月、9~10月とあるので、花後まで待つべきか・・・。

まだ5月初めなので移しても大丈夫かな?とも思いましたが、

3~4月というのは恐らく花が咲く前の話ですもんね💦

まだまだ小さいこのブルーのお花が咲き終わるまでは、

届いた鉢のままにしておこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました